通学風景。

最近娘達を駅まで車で送って行きます。
歩けよ~と思うのですが、上の娘の睡眠時間の短さと下の娘の鞄の重さを考えると、
寒さもあって送ってしまいます。
駅に行くとちょっとした時間の違いでいろんな光景が見られます。

その中で下の娘と同級生のお友達(女の子)がお父さんと歩いて駅まで来るのに会います。
中2になってお父さんと歩いてくることもすごいですが、
その光景がとてもほのぼのしていて、こちらもうれしくなります。
歩きながらお互いの顔を見て話している様子。
思い浮かべてくださいよ~いい感じでしょ?
親子のいい関係が伝わってきます。

それから小学校の先生が娘さんを送ってこられ、
そのまま通学風景を見ておられることがあります。
その先生は上の娘の6年生の時の担任の先生ですが、
1年生の時の隣のクラスの先生でもありました。
6年生の時も「入学したての頃は小さかったのに、すっかり大きくなりましたね」と話しておられたのに、今は高校2年生。
たくさんの教え子が駅に来るのを、娘さんが車を降りて駅に入られても見ておられます。
まだ先生を続けておられるし、朝の忙しい時間なのに、
成長を見てくださる様子にとてもうれしくなります。

毎日慌ただしく送っていくだけの私ですが、そんな景色をみて元気をもらいます。
車から降りた娘達が別々で歩いて行く日もありますが、
2人で話しながら歩いて行くのを見るとなおさらうれしく、
「今日もがんばろっ!」と思う私です。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2013-12-04 08:14 | 日々のこと | Comments(0)