時間。

毎日少しでもブログを書こうと思っているのに、
毎日いろんなことが起きて書き損ねています。
相変わらず図書館通いも続いていて、
常に2、3冊を借りていて、1冊づつ読んだり、
気分転換にと途中から違う本を読んだり。
それだけ自分の時間が持てているということは幸せなことです。

昨日5月9日は実父の15回目の命日でした。
父が亡くなったのは夜中の3時前なので、
私はもちろん、姉も多分母もその時間は寝ていたと思います。
父が亡くなって数年、母は事あるごとに泣いていたので、
父が亡くなったのが夜中でよかった、そうじゃないと、
母は毎年その日その時間を泣いて過ごすだろうと思っていました。
しかし母は泣かなくなりました。
1人暮らしになった今、想うところはいろいろあるけれど、
泣く姿を見ることがほとんどなくなりました。
その変わり背中が丸くなり、よたよた歩くようになり、
時間の経過をそんなところで感じたりしています。

以前読んだ本に、
「人は自分が経験したことでさえ、いいように記憶をすり替えてしまう」
と書いてありました。
時間が流れていく中で、昔の姿のまま、どんどん過去の人になっていく父。
どんどん歳をとって生き続ける母。
老後の楽しい2人の時間はもてなかったけれど、
意識のない父について病院に泊まり込んだ1ヶ月半。
ただ2人一緒の部屋にいた時間だけをいいように覚えていてくれたほうが、
うれしいように思ってしまうのは不謹慎かな。

日々の「楽しい」の積み重ねが、
時間が経つにつれ、
過去の「悲しい」思いを塗り替えていってほしいと思う私です。



[PR]

by tedukuribito_shop | 2016-05-10 18:13 | 日々のこと | Comments(0)