母と映画。

先週の土曜の話です。
実家の母と豊岡劇場へ映画を見に行きました。
昨年の冬?に吉永小百合さんと嵐の二宮和也くんの「母と暮らせば」に続き2回目。
今回は市原悦子さんと林遣都くんの「しゃぼん玉」乃南アサさん原作です。
最初は暗ーい感じだったのですが、林遣都くんの心が変わっていくのがよくわかりました。
市原悦子さんが林遣都くんのことを「坊(坊ちゃん、僕という感じで)」と呼び、
「坊はええ子」と繰り返し本人に言う。
この映画のキャッチコピー「これからが、これまでを変えていく」うん、うん。
秦基博さんの「AI(弾きかたりver.)」もとってもよかった。
涙が出そうだったし、実際泣いてるお客さんもいた。
感動作品でした。

そして昼食。
ずっと母が「焼きたてのピザが食べたい」と言っていたので、
「じゃあピザ食べに行こうか!?」って言ったら、
「今日は食べたない」と。
あっさり家に帰りました。

まだ2時。
だから、また豊岡に出ようなんて考えちゃったんだよね。

その前にずっと行きたかった豊岡歴史博物館へ。
もう終わってしまった展示、第30回ミニ企画展「お菓子の歴史ものがたり」で、
お菓子作りに使われた古い焼き印や干菓子の木型の展示を見てきました。

そして3往復目になるテシゴト雑貨店へ向かったのです。

つづく。



[PR]

by tedukuribito_shop | 2017-07-12 14:06 | 日々のこと | Comments(0)