<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

悲しい…。

震災から10日以上が経過しても状況は一向に良くならず、
ニュースを見て心が痛みます。
津波が町を飲み込んでいく映像は見るに耐えられなくなり、
最近はテレビをつけなくなりました。
私が被災した台風被害を思い出すことが多くなり、
不安な気持ちがいっぱいです。
ガラスのティーポットの中で揺れる茶葉が津波に飲み込まれる家や車のようで、
気分が悪くなってお茶も飲めませんでした。
今回の震災で親戚、友人が被災することはなく、その点では安心していたのですが…。

昨日上の娘が、
「この前教育実習にきていた先生…卒業旅行で東北に行っていて…
震災で亡くなったんだって…」と泣きながら教えてくれました。
娘の学校の先輩、同じ市の同じ町出身の先輩先生は、
娘にとってとても近い存在であったと思います。
学生生活がどんなに充実してたかを卒業生の声によせ、母校に教育実習にきて、
娘のクラスの担当になられたので、娘から先生の話はよく聞いていたし、
クラスたよりなどで先生の想いなども読ませていただいていました。
まさか、あの先生が震災に巻き込まれていたなんて…。
娘にかけてやる言葉が見つかりませんでした。

心からご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-23 08:49 | 日々のこと | Comments(0)

トラウマ。

この度の地震により、被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

日々報道される映像を見ながら、今回の災害に比べたら当地の平成16年の台風の被害など、
何百分の一、何千分の一の被害だったのだろうと推測する。

しかしながら、私たちが受けた心の傷は、今なお心の中に残り続けています。

今回の災害に遭われた方たちは、さらに深い傷になって残ることでしょう。

物質的な救援はもちろん、精神的なケアをしっかりしてあげて欲しいと心から思います。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-14 13:07 | 日々のこと | Comments(0)

明日がくるという幸せ。

昨日の朝、新聞のお悔やみ欄にみつけた友達の父親の名前。
随分お目にかかっていなかったけれど…などと考えていたら、
亡くなって10年になろうとする実父とのことを思い出した。

上の娘が保育園に入園して、秋に祖父母参観があった際、
まだ仕事をしておられた主人方の祖父母に代わって参加してくれるように頼んだ時のこと。
上の娘をかなりかわいがってくれていた父でしたが「行かない」とあっさり断られた。
その時すでに闘病中だった父は、

「こんな病人は行かなくてもいい。来年元気になったら行かせてもらう」

と言っていたが、父に来年はなかった。

なぜか急に思い出された「来年はなかった」ということ。
娘たちが中3、小6と節目の年になるにあたって、
昨年何一つ娘達の行事を見に来てくれなかった実家の母に、
今年こそはたくさんの行事を見に来て欲しいと、常々言い続けていたからだろうか?

来年は必ずやってくるとは限らない。

父が亡くなってから、よく思うようになった。

「余命1ヵ月の花嫁」の長島千恵さんも、
「みなさんに明日が来ることは奇跡です。 」と言っている。
健康な私たちにとって明日がくることは当たり前のようだけど、
当たり前のように明日がくることをとてもありがたいことだと思わなければいけないと思う。

昨日、そうブログを書こうと思って自宅に帰ると、東北地方太平洋沖地震が発生していた。
津波が町を襲う映像を見ながら、平成16年の台風を思い出していた。
あの1晩がどんなに長い1晩だったか…どんなに恐怖の1晩だったか…。
いつもは別の部屋で寝る上の娘を、自分達の寝室の連れてきて家族4人一緒に眠った。

津波に巻き込まれた人は、自分に明日が来ないなんて思っていなかったに違いない。
やはり『明日がくる』ということは、本当にありがたいことなのだと、改めて思いました。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-12 17:52 | 日々のこと | Comments(2)

人生の岐路。

人生の岐路をいうと大げさな感じがするけれど、3月になっていろいろと考えてしまいます。
4月から上の娘は中学3年生、下の娘は小学校6年生です。
現在2人ともピアノを習っていて、さらに下の娘は習字、4月から英語教室にも通います。
英語教室は1年限りって決めているけれど、ピアノや習字はどうするんだろう?
生活が大きく変わるであろう来年の4月以降、継続しないということになったら、
この1年がラストイヤーになってしまう…。
後になって、やっぱり続けておけばよかったとか、年の途中でやっぱり続けられないとか、
気持ちが中途半端にならないよう、この1年はしっかりがんばってほしいなって思います。
(もちろん勉強もです!)

我が家の、家族みんなの『勝負の年』のような気がします。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-08 15:45 | 日々のこと | Comments(0)

人に認めてもらうために努力するのではない。

確か私の中学校の卒業文集に、担任の先生が書いていた言葉だったと思う。

中学校の時には「?」って感じで、今一意味が理解できなかった。

ということは、やはり私も親や先生に褒めて欲しいという気持ちがあったからなんだろうな。

今、親になって先生の言われたことが理解できる。

娘達に「自分のためにがんばること」を伝えようとする時、

自然と、もう何十年も開いていない中学校の卒業文集の先生の言葉が思いおこされた。

嫁いてくる時に持ってきたはず。

ということは、部屋の押入れの一番高いところの一番奥にあるはず。

この春、上の娘が中学校3年になる機会でもあるので、

何十年かぶりに出してきて、開いて見てみたいと思う私です。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-07 23:25 | 日々のこと | Comments(2)

久しぶりに…。

自慢にならない久しぶり…体調を崩しました。
金曜は大丈夫だったのですが、昨日は体が思うように動いてくれない感じでした。
昨日はお天気もよく、洗濯日和・お掃除日和、上の娘も帰ってくる日で、
やりたいことがたくさんあったけれど、すべてキャンセル。休業日にしました。
でも休みたいと体が言っている時は休むに限る!
今日は目覚ましなしで起きたかったけれど、公民館のお掃除当番で7時30分起床。
すっきりとはいかないまでも、体が動いてくれるようになりました。

そんな私を気遣ってか、今晩の夕飯は主人と娘が作ってくれるそうです。
年に1回?2回あるかないかの夕飯作りをしなくていい日。
主人と娘の大切な時間だから、私はこうしてブログを書いて邪魔しないようにしています。
お呼びがかかったので、夕飯をよばれてきます。

明日からまた早朝お弁当作りが開始、がんばります!
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-06 18:33 | 日々のこと | Comments(2)

娘の誕生日。

今日は上の娘の誕生日です。14歳になりました。

小さく生まれた娘でしたが、いつの間にか私の背丈ほどになりました。

元気に大きくなってくれて、とてもうれしいです。

でも今日はちょっぴりさびしい誕生日。

なぜなら娘は中学校の研修旅行中。

今日は栃木県のツインリンクもてぎで「Honda 発見・体験学習」です。

親と一緒では体験できないことを経験し、また一回り大きくなって帰ってくることでしょう。

帰ってくるのは土曜の夜。

あ~娘に会いたいなぁ…。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-03 16:12 | 日々のこと | Comments(2)

母の誕生日に思う。

今日は私の実母の誕生日です。74歳になりました。

元気に誕生日を迎えられて、とてもうれしいです。

これからも元気でいてほしいです。

母の誕生日になると、いつも思うことがあります。

『私も母のような母親になれるかな?』

怒られた記憶はたくさんあるけど、怒られた理由も覚えている。

今の私のように、自分の気分で怒ったり、子供に対して八つ当たりしたりされた記憶はない。

今から50年近く前、交通も今のように発達していない時に遠くから嫁いできた母。

実家にちょっと帰ったり、すぐに電話したりできなくて、つらい思いをたくさんしたんだろうって、

自分が嫁いで、母親になって初めて思った。

そんな気持ちも、子供の前では見せたことがなかった。

父が亡くなって、早10年。

この10年もいろいろ大変だったけれど、これからの10年、20年を、

元気に楽しく過ごして欲しいと思う私です。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-02 08:24 | 日々のこと | Comments(0)

手作り人のお店で購入した商品たちのその後。

手作り人のお店のイベントで購入していただいた商品たち、
その後どうしているのかなぁ…と考えるときがあります。

cocotteさんの服は着ていらっしゃるのを見ることがあります。
m craftさんの陶器は、おうちにお邪魔しない限り見ることがありません。
Âkoさんの小物も持っていらっしゃるのを見ることがあるし、
あむたむさんの糸で編まれたぱっちん留めやブローチも、
つけていただいているのを見ることがあります。
昨年の12月のイベントに初参加してもらったソウンさんのストールは、
これからの季節に大活躍だろうし、
大人気だったkokoroさんのとんぼ玉の作品たちもお出掛けに連れていってもらっているかな?

この中でm craftさんの陶器は、一瞬にしてこわれてしまいます。
実際「割れちゃった…」と言われた方は複数いらっしゃいます。
そしてわれたものと同じものを購入される方が多いのですが、
悲しいかな「もう作らない」と言われているものの場合は、再購入が不可能です。
また、購入した商品がすごく気に入って、数を増やしたいと言われても、
「今後作る予定がない」ということもあります。
m craftさんの中でそれぞれ再製作しない理由があるようです。

購入していただいた皆様のお気に入りになって、商品たちは喜んでいると思います。
これからもお気に入りの見つかるお店でありますよう、がんばりますね♪
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-03-01 18:16 | shopのこと | Comments(0)