<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

やっぱり日本人。

今日は子供会の遠足でした。
下の娘が6年生になり、主人は子供会長を仰せつかっています。
会長になって初めての行事の遠足なのに…
ビンゴゲームの景品のお菓子を忘れて行ってしまいました。
子供会員の皆様ごめんなさいっ!!m(_ _)m

昨日の深夜に洗濯を済ませ、早朝からお弁当を作り、
神戸まで行って帰ってきて、さて夕飯は何にしようかと考えた時…
主人が台所に来て言いました。
「あっさりと塩焼きの魚が食べたいな」
おー魚とくるか。
私の中では「お味噌汁が食べたいな」でした。

私はパンが大好きです。
朝食にパン、昼食におうどん、夕飯にスパゲティ、1日お米を食べなくても大丈夫だけど、
遠出して疲れた40半ばの私達はやはり和食が食べたいと思うんだな、
やはり日本人なんだなと思いました。

二人の意見を反映して、夕飯のメニューは
冷凍庫にあった小さな鯛の開きの塩焼き、白菜と豆苗の胡麻和え、けんちん煮、
豆腐としめじのお味噌汁にごはん。

実は今日は15回目の結婚記念日。
二人の意見を合わせたメニューを、家族で食べた夕飯はおいしかったです♪
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-29 23:30 | 日々のこと | Comments(0)

うさぎ。

お気に入りに雑貨やさん、八鹿町のcotreeさん。
たくさんの雑貨が木の香りのする店内にきれいに置いてあります。
ちょっと場所がわかりにくいのですが…。
blogに登場していた『ウッドマン』が気になって、久しぶりにお伺いしました。
かわいいっ!めっちゃかわいい!!
これは買いだな!と思っていたのですが、店内をゆっくりいろいろと見ていると…。
あれもこれも欲しいものがたくさん。。。
大好きな革紐もあり、カゴもあり…ウッドマン、あきらめました。。。
そしてレジまで行くと…うさぎ…ツボでした。

f0223479_2243489.jpg
写真では大きくみえるかもしれませんが、
高さは16cmほどです。
木製ですが、ベニヤ板のように薄い。
悲しいような色、薄青というより薄蒼。
おまけに塗料がはげている(そういう塗り方なんだろうけど)
かわいい顔というよりとぼけたような表情。
連れて帰ってーっと立ち上がっている(!?)。


連れて帰ってきました。

次回のイベントの際には、お店のどこかでお客様を迎えています♪
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-28 22:56 | お気に入りのもの | Comments(0)

花開く年になりますように。

昨年も書きましたが、今年も娘達の記念樹がきれいな花をつけました。f0223479_23263128.jpg
特に下の娘の記念樹のハナミズキは、
たくさんの花を咲かせてくれました。
下の娘は小学校6年生です。
今日まで本当にいろんなことがありましたが、
このハナミズキのように、
今年は娘にとって花開く年になるといいなと思います。

私も娘に負けないようにがんばります!
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-27 23:28 | お気に入りのもの | Comments(0)

拒否症でした。

昨年の夏頃から、次々に友人のお父様がお亡くなりになりました。
私にとってもとても大切な人ばかりで、落ち込んで、立ち上がりかけては、
また落ち込んでの繰り返しでした。
とても大切な人なので、最期のお別れに行かなくてはいけないのに、
だんだんと行けなくなってしまいました。
行かなくて、済んでから『行けばよかった』と落ち込んでいました。
ただただ自分が悲しい思いをするのがイヤだったんだと思います。
今になって、とても申し訳なかったと思っています。
次は…次はあっては困るのですが、悲しみから逃げないようにします。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-26 20:26 | 日々のこと | Comments(0)

我が家の玄関。

f0223479_8295425.jpg子供の日バージョン!
横には神鍋白炭工房さんの菊炭。
前にはTAJIMA CRAFTの木のおもちゃ。
TAJIMA CRAFTの作品は好きだったけれど、
今はどうなっているのかな?
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-21 08:38 | 日々のこと | Comments(0)

暖かくなったと思ったのに…。

冬に雪が多くて、春の訪れが遅れがちだったけれど、
桜も満開を過ぎ、我が家のベランダのチューリップも咲きました!
f0223479_821520.jpg





でも、おとといの夕方の嵐…昨日の雨…今日は朝から寒い…。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-20 08:25 | 日々のこと | Comments(0)

神鍋白炭工房さんの菊炭。

手作り人のお店を始めて4年目になりました。
(4年目になっていることに、今日気づきました)
たくさんの作家さんに助けられながら、あっという間に過ぎていきました。
フットワーク悪くて、なかなかうまくいかないこともたくさんありますが、
少しづつでも広まっていくよう、これからもがんばります!

f0223479_2236255.jpg
昨日、久しぶりに神鍋に上がりました。
同じ町内でありながら、年に数回しか行かない私…。
1年ぶりだったような気がします。
いつもお世話になっている『神鍋白炭工房さん』
道の駅で菊炭を販売しているとblogに書いておられたので、
早速買いに行きました!

玄関に飾っています。
とってもいい感じです♪
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-18 22:38 | 日々のこと | Comments(2)

「やりたいこと」と「やらなければいけないこと」

あっという間に1日が過ぎてしまいます。

上の娘が小さな頃から、

『どうして1日は24時間しかないの?』と、

もっといっぱいやりたいことがあるのにと言っていましたが、

今この歳になると「やりたいこと」をする時間が、

「やらなければいけないこと」をする時間に占領!?されてしまって、

思うように1日を過せません。


時間をうまく使う工夫をしないといけませんね。。。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-13 08:33 | 日々のこと | Comments(0)

思い込み。

みなさんのお家には、何の缶詰がありますか?
我が家は、私がツナの小缶(料理に)とさんま、もしくはいわしの蒲焼
(時間がない時に朝食の食卓に)、お義母さんはさば缶を常備しています。
果物の缶詰は私も娘達も好きではないので、家にはありません。

先日被災地への支援物資として、缶詰の提供の呼びかけがありました。
その時点での在庫はツナが2個、蒲焼が1個でした。
ふと「ツナってそのまま食べれるん?」って考えた時、
「缶から出して、そのままは食べないなぁ」と思ってしまいました。
【そのまま食べられる缶詰=果物の缶詰】という式が頭の中にありました。

でも後になってよくよく考えると(よくよく考えなくとも!?)ツナってそのまま食べるんですよね。
もちろん炒めることもありますが、そのままをマヨネーズを混ぜたりして食べますよね。
マヨネーズがなくても、そのまま食べられる缶詰なんですよね…マヌケでした。
自分が被災地の人の立場なら、空腹ならツナをマヨネーズなしでも食べたでしょう。
被災地の人の立場になって考えられていなかったと反省しました。

さらに、我が家にはトマトの水煮缶がありました。
トマトの水煮こそ、調理しないと食べられないと思っていましたが、
「水煮」なんですから、そのままでも食べれるんですよ。
被災地では野菜が不足して、栄養が偏っているって言っているのに、
なんで思いつかなかったんだろう…頭固過ぎ!!

昨日の深夜にも大きな余震がありました。
東北の方の不安は、計りしれないと思います。
私にできることは本当に限られていますが、できることを実行して、
今の私達の生活を見直していかなければいけないと思っています。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-08 08:31 | 日々のこと | Comments(0)

あなたなら、どうしますか?

今日、遅ればせながらお雛様を片付けました。
防虫剤を買い忘れていたので、近くのお店に買いに行き、
ついでにキャッシュコーナーに寄りました。
すると、

かばんが忘れられていました。

女性用のかばんのようですが、ファスナー全開で中が丸見えです。
相当急いでおられたのでしょう。
私は思わず「どっきり!」かと思いました。←TV番組である。
でもそうでもなく、また誰も取りに来る気配がありません。
私がその場を離れたら、このかばんはどうなってしまうんだろう…。

私は考えた挙句、キャッシュコーナーに備え付けられている電話をかけました。
理由を言ったところ、さんざん待たされた上「警察に電話できますか?」と言われました。
私はキャッシュコーナーの行員さんが預かりにきてくれると思っていたし、
防犯カメラもついているのだから、持ち主がどこの誰かはすぐわからなくても、
どんな人かはわかるだろうと思っていました。
私が警察に言うより、断然効率がいいと思っていました。
なので「私が電話するんですか?」と改めて言うと、また待たされた(保留)後、
「今から取りに行くので、待っていてください」と言われました。

しばらくして取りに来られた行員さんは、名刺も何も持っておられませんでした。
私が行員さんだと確認できるものは、首からぶら下げておられた名札だけ。
行員さんの名刺を置いておいて「忘れられていたかばんを日高支店で預かっています」
と書いて置いておけば、ないことに気づいた持ち主さんは、立ち寄ったところを探して回って、
日高支店にあることがわかって、本人確認ができたら受取れると思ったのですが、
名刺も何もないのでは連絡のしようがありません。

行員さんは私にお礼を言って、かばんを持って帰られました。
あのかばんは今どこにあるのかな?
やはり警察に言ったほうがよかったのかなと、今になって思う私です。
[PR]

by tedukuribito_shop | 2011-04-06 20:31 | 日々のこと | Comments(0)